めまい・スポーツ障害・脊柱管・坐骨神経痛・膝痛専門!横浜・関内で整体・カイロ院をお探しの方

スタッフ blog

お知らせ & 最近の出来事

匿名検査

匿名検査

報道によると、梅毒が過去最高レベルで増えているそうです。

特に20代女性と40代男性が多く、原因はSNS等による売春が横行しているからではないかとか、コロナワクチンで免疫力が落ちてしまい、感染しやすくなったからとか言われています。

いずれにしても梅毒は感染力が強く、潜伏期間も長いため厄介です。
ネット情報によると、公衆トイレや、銭湯やサウナでも感染する可能性があると言われています。
銭湯やサウナには時々行きますし、公衆トイレも気にせず便座に座っちゃうので、ちょっと心配だったので、保健所で行っている無料匿名検査に行ってきました。

無料匿名検査は、各保健所の指定された時間に予約を取っていきます。
検査日と結果判定日の二回、同時に予約することになります。
一日のうち20分だけとか、時間がものすごく限られているため、なかなか使いづらいのですが、頑張ってやってみました。
横浜市の方はHPで時間帯等の一覧表が出ますので検索してみて下さい。

匿名検査なのでホントに何にも聞かれません。
簡単な問診票に記入して採血。
検査番号がわかる紙を渡され、翌週に結果の説明。
検査結果の紙は貰えましたが、診断書や確認書等は発行できないようです。

検査するまでは全く心配していないのに、検査すると結果が出るまで「もし陽性だったら・・」とか、ありもしない事を考えてしまい、ストレスを感じました。
時々、検査入院なのに病院で亡くなってしまったという話を聞きますが、結果はともかく検査自体がストレスなのは間違いないと感じました。
知らぬが仏とはよく言ったものです。

結果については、まぁ、ご想像通りです。
公表したら本当は匿名検査の意味ないんですが(笑)
HIVと梅毒について、過去に感染した形跡も現在感染している可能性もないという事です。

ちなみに結果を説明して下さったドクターによると、「サウナの記事は見ましたが性的接触がないのに感染するのはちょっと考えられない」と仰っていました。
しかし、私のクライアントさんで体調不良の感じが変だったので念のため内科受診を薦めた所、「本当に全く覚えがないけど梅毒でした。入院加療します。」と連絡を下さった20代女性がいたのも事実です。

さて、どっちを信じるべきでしょうか?

気分的にちょっと銭湯に行きにくくなった今日この頃・・・。
以上、感染症啓蒙の一端として、HIV、梅毒の匿名検査をレポートしました。

コメント


認証コード0498

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional