めまい・スポーツ障害・脊柱管・坐骨神経痛・膝痛専門!横浜・関内で整体・カイロ院をお探しの方

スタッフ blog

お知らせ & 最近の出来事

良性発作性頭位めまい症の症例

良性発作性頭位めまい症の症例

ちょうど同じ時期に同じような症状の方が来院され、回復されたので感想を書いて頂きました。
まだHPに載せる準備ができていないので、一部抜粋して掲載します。

50代女性
【ある朝突然めまいが起こり目の前がグルグル回る経験をしました。吐き気もあって出勤できるか不安でしたが頑張りました。HPでこちらの治療院を知り、診て頂いたところ2回でほぼ症状は楽になりました。】

40代女性
【疲労から頭痛やめまいを感じ、耳鼻科では耳石の問題と言われ薬を飲んだが回復せず、他院に紹介されMRIをしても異常がない。原因がハッキリしないまま時間が過ぎ、こちらの治療院を紹介されました。浮動性めまいで足元がふらつくことがありましたが施術後は身体が温かく感じて足が軽くなったように思います。3回目くらいからめまい、頭痛の頻度が落ち着いてきて4回目で(院長注:三半規管の調整をしました)めまいの症状が無くなり、家族からもふらつきや瞳孔のブレが無くなり、表情が明るくなったと言われました。】

お二方ともまずは病院へ行って、良性発作性頭位めまいと診断されています。

診断が正しいかどうか、本当に耳石の問題なのかは置いておいて、彼らの身体に何が起こっていたかというと『小脳系と三半規管の機能異常』です。

これらはMRIなどの画像検査では写りません。
むしろ写ったら大きな病気ですので大変です。

当院では3回程度は小脳系と全体のバランスを調整します。
ある程度改善が見られたら、三半規管の調整をします。
一例目の方は、初回後の経過が良かったので二回目で三半規管の調整をしました。
二例目の方は通常通り4回目でやりました。

どちらの方も三半規管の調整後、ぐっと良くなったので原因は押して知るべしでしょう。

めまいでお困りの方は是非ご相談ください^^。

コメント


認証コード3657

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional